松居一代、豊田真由子、山部節子・・ホットガールたちに見る、女性ホルモン

山部節子

なんか今年は、女が事件を起こす年よね。
センセーショナルな事件の大半が、女が発端になっているような。

2017年も半分が終わり、下半期に突入したと同時に松居一代がやらかしたわよね。

松居一代

前から癖がある人だなぁって思っていたけど、船越英一郎も初婚なのになんで子持ちで年上のこの人を選んだのかねぇ・・?
不思議だわ。

さてさて、今年に事件を起こした女たちの中で、あたしの中で特に熱い女を「ホットガール」と名付けてみたの!

稲田防衛大臣なんかも失言大魔王だけど、あんま面白い人材じゃないからホットじゃないわ。

今日はあたしのホットガールたちについて、いろいろ考えてみるわ。

女性ホルモンとセロトニン

女性ってさ、良くも悪くもホルモンの影響を受けやすいじゃない?
男よりもバイオリズムがはっきりとしてるわよね。

あたし、昔の同僚に生理前に凶暴化する女がいたんだけどさ、いろいろと面倒くさかったわ。
職場で、周りの人に訳が分からない八つ当たりしたり、違う部署の男に色目を使いまくったり・・この女はかなり極端っていうか、ここまで来ると野性的よね。

こういう自分の「イライラ」とか「ムラムラ」を、他者に向けるか向けないかは、その人の性格に寄ると思うけど、剥き出しにしちゃうのは迷惑よね、とっても。

あたしはそういう事するタイプじゃないから理解できなかったんだけど、うつ病になった時、ちょっとだけ分かったわ。

うつ病になるとさ、神経伝達物質の「セロトニン」が少なくなるらしいのよ。
このセロトニンは、精神を安定させるのに重要な脳内物質なのね。

うつ状態の時って、自分の意志の力で頑張ろうと踏ん張るんだけど、どうにもやる気が湧いてこないのよ。
掃除とか洗濯とか、当たり前にできていた事が異常に億劫に感じたり、何もかもに興味が起きなくて死ぬことに魅入られたり・・

自分の体内で起こる、目に見えない物質の影響をこんなにも受ける事になるなんて・・

あの時、始めて松岡修造とか高橋みなみが言っている事が、いかに論理的じゃなくて胡散臭いか理解できたわ!

それでさ、このセロトニンって、女性ホルモンの減少にも影響されるんだって!
女性ホルモンが減ると、セロトニンも減る比例の関係みたい(逆もしかり)

そう考えると、女性って恋愛したり子供と触れ合っている時って、女性ホルモンが多く分泌されて、精神が安定している気がするわよね。

まあ、人にも寄るだろうけど、あたしは子供の相手をしてると、だいぶ精神が安定するわ。
恋愛は男を信用してないから、ちょっと微妙だけどね。

ホットガールたちに思うこと。

そこで思ったんだけど、あたしのホットガールたちは女性ホルモンの影響を強く受けていたと思うのね。

松居一代

松居一代

トランプ相場で数億儲けたって言ってなかった?何?嘘?

更年期と旦那に愛されないストレスで、女性ホルモンが枯渇。
事業や投資の成功で「お金はあります!」みたいな変な見栄を張っていたけど、虚勢を張るのもセロトニンが足りていないからかしらね?
やり場のない衝動を、外に向ける迷惑なタイプには違いない。
世の中にけっこう多いよね、この手のオバちゃん。

豊田真由子

豊田真由子

どうしても、内山理名の失敗作に見える。

高学歴でキャリアも輝かしい。結婚・出産を経て、周りの人から「幸せに見られる事」だけは完璧だけど、内情はボロボロ。
自分のことばっかりで、そもそも人を思いやる気持ちがなさそうだし、旦那や子供、親しい家族から愛されていたか微妙。
松居一代と一緒で迷惑なタイプ。

山部節子

山部節子

熟女会の星・山部節子こと、通称「節ちゃん」。真の熟女好きは節ちゃんに萌えたはず。

節ちゃんはさ、他の二人とは違うのよね。
節ちゃんは女性ホルモンを維持するため、常に自分に投資して、女性ホルモンを供給してくれそうな男にも投資して、それで本業とされていた投資業は詐欺だったのよね。

初公判の際の節ちゃんも、着飾っていない姿を見られるのを嫌がったらしく、おどろおどろしいすっぴんでYOUTUBEに登場した松居一代とは大違いだわ。
節ちゃんは女性ホルモンを補給してふわふわを保ちながら、同じ頭で狡猾な詐欺もしていたのよね。
セロトニンの他に、どんな物質が分泌されていたんだろう?

自分以外のために生きるのも、精神の安定に繋がる

あたしは子供を産めないけどさ、犬を飼い始めた時から、すごく精神が安定したのよね。

我が子の健康を気遣い、食事や環境に常に気を配る。

まめにお世話をして、危険なものからは遠ざける。

イライラした姿は見せたくない、目が合ったら自然と満面の笑みを投げかける。

自分がいなくなれば、この子は生きていけないかも知れない、ならば自分の事も大事にしなければいけない。

こんな風に自然と思うようになって、他人にも優しくなったの。

絶対、女性ホルモンの分泌量もセロトニンも増えていると思う。
体も丸みを帯びて、女性的に・・(これは太っただけ)

松居一代も豊田真由子も子供がいるし、松居一代は子供がアトピーかなんかで子育てが大変だったのよね。
確か、その当時の旦那に協力を得られなくて、一人で頑張ったのよ。
松居一代の気の強さは、やり遂げた芯の強さでもあるんだよね。
でも、一部報道では最愛の息子も、船越英一郎の味方してるって噂だね。

豊田真由子はどんな母親か知らないけど、今回の件で子供たちは学校で嫌な目に遭っていると思う。
自分の大切な子供の事を思えば、秘書を何人(100人だっけ?)も変える必要がある暴挙には出ないんじゃないかしら?
いくら子供たちの目の前では普通にしていても、知らない所ではあんな姿でいるなんて、自分が嫌にならないの?

節ちゃんは、自意識過剰過ぎたのかね?
自分のために生きすぎて、他人を騙すことも厭わないなんて・・

山部節子

でも、節ちゃんのこの写真、好きだわぁ。

節ちゃんについては、裁判の判決がどうなるか気になるわ。
獄中で自殺したりしないといいけど。

ホットガールは身近にもたくさんいる

今日は「あたしが思う女性ホルモン」について話してみたけどどうかしら?
あれ?こんなテーマだったっけ?

まあ、いいわ。

それにしてもホットガール。
会社の同僚にもママ友にも、きっとそこら中にいるわよね。

やっぱり、日本の男って女の愛し方が下手くそなのかしら?

女の狂気の大体の事はね、男のせいだと思う。

うん、そう思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

もしや・・シェアしてくれたり?

フォローする