WOWOWのドラマは面白いよ!おすすめ作品まとめ♪

毎日暑いね。
あたしは海とか花火大会とか全然興味ないから、夏に楽しみがないわ。
ひたすら季節が過ぎていくのを待つだけになるわね・・

まあ、今の時代、遊び方なんていくらでもあるし、アウトドアだけが楽しむ術でもないよね。

紫外線を肌に受けて日焼けするの嫌だし、あたしにとって夏は引きこもりの季節よ。
そんなわけであたしはネット動画やDVDレンタルで、外に出たくない時はひたすら映画とかドラマ観ているわ。

中でもおすすめなのがWOWOWのドラマ。

WOWOWのドラマって民放よりも面白い作品が揃っているのよね!
今日はあたしが今までにチェックしたWOWOWドラマで、おすすめのドラマを紹介するね!

まず、WOWOWドラマの特徴

基本的には小説が原作になっているみたい。
骨太な大人のミステリーが多い印象よ。

話数は大体5回ぐらいにまとめてあるので、話が中だるみしない所がいい!
そんなに長くない小説を10話ぐらいに引き伸ばすと、原作にないエピソードをたくさん挟んで、どうしても中だるみ感が出ちゃうでしょ?

でも、5回ぐらいにまとめてあると、展開もスピーディーだし余分なエピソードも挟まないから、最後まで飽きずに楽しめるのよね!

後は、中途半端なアイドル俳優が出演しない所もいい。
演技が下手な人が混じっていると、それが気になって話が入って来ないじゃない?
ちなみに誰とは言わないけど、最近人気の女優のあの子も・・
これ以上は悪口になるので書かないけどね(汗)

WOWOWドラマおすすめ作品紹介

うちはWOWOWと契約しているわけではないので、DVDや動画サイトなんかでチェックすることになるのだけど、いくつかチェックした中で面白かった作品を紹介するね!

対岸の彼女

対岸の彼女

あっこれミステリーじゃなかった(汗)

角田光代さん原作の小説を財前直見と夏川結衣でドラマ化。

人付き合いが苦手な小夜子(夏川結衣)と、様々な事業を営む社交的であっけらかんとした女社長・葵(財前直見)の物語。

お話の軸は、明るくて気さくな葵の「女子高生時代の意外な過去」に焦点を当てながら進んでいくよ。
小説も面白かったけど、このドラマも楽しめた!
夏川結衣さんも財前直見さんもいい女優さんだよね!

過去のパートでは多部未華子ちゃんのかわいいセーラー服姿が見られるよ!
多部未華子ちゃんも、昔から独特の雰囲気がある子だよね♪

社交的で行動力もある葵を小夜子は羨ましく思っているのだけど、実は葵も小夜子と変わらなくて、他人との距離の取り方に悩んでいたりするのよ。
憧れのあの人は、対岸にいるように見えて実はそうじゃないのかもね。

贖罪

贖罪

これは湊かなえさん原作ね。

変質者の男に、幼い自分の娘の命を奪われてしまった主人公の麻子(小泉今日子)

娘が男に連れ去られた時、周りに4人の友達がいた。
娘の死の真相を探るため、事件後に4人の友達を家に招き、犯人の顔を覚えていないか問い質すも、大した情報を得ることができない。

憤慨した麻子は幼い4人に呪いのような言葉を投げ付ける。
4人はそのトラウマを抱えたまま大人に成長、そして4人の元へ再び麻子が現れる・・

キョンキョンの鬼気迫る演技がとても恐ろしい・・
あのシーンはあたしもトラウマに残っているわ!

成長した4人には蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴と演技派女優が揃っていて、1話毎に主人公が変わるよ!

果たして、麻子の娘を殺めた男は誰だったのか・・?

孤独の歌声

孤独の歌声

天童荒太原作、ドラマ化は2回目らしい。
あたし、昔も斉藤由貴主演のを観たの憶えているわ。

主人公は女刑事・朝山風希(内山理名)

彼女は中学時代、故郷である事件の目撃者になる。
親友と下校途中に、目の前で不審な男に親友を連れ去られてしまう。
確か、補導員か何かを装っていて、その時に親友は風希に助けを求めていたのよね。
でも、何もできなかった風希。

行方不明になった親友は変わり果てた姿で発見され、風希の心に深い傷を残す事に・・

そんな想いを抱え、刑事になった風希。
そして、風希の周りで一人暮らしの女性ばかりを狙った猟奇殺人事件が発生し、風希の近しい女性もその被害に遭う。

事件を通し、過去のトラウマと向き合う風希。
一体、事件の真相は何なのか?

ソドムの林檎

ソドムの林檎

木嶋佳苗が起こした、あの恐ろしい「首都圏連続不審死事件」をモチーフにしたドラマ。

主人公の宮村恵を演じてたのは寺島しのぶ。
決して美しくない女に、男たちは騙され仕舞いには命まで奪われてしまう。

事件を追うジャーナリスト・設楽万里を木村文乃が演じ、二人の主人公の目線で話は展開していく。

宮村恵は、故郷では敬虔なクリスチャンの家系で育った美しい娘だった。
しかし、故郷を離れ東京に出てきた際に、顔を醜く整形している。

彼女はなぜそんな行動に出たのか、そして男たちへの憎悪は一体どこから来ているのか?

現在と宮村恵の過去を軸に、話は真相が紐解かれていく。

何よりも、寺島しのぶの演技がすごい。
この人って決して美人ではないけど、何か色気を感じるわよね。
妖艶というか・・

木嶋佳苗が起こした事件については、その当時かなりセンセーショナルな感じだったけど、このドラマと合わせて手記を読んでみるのもいいかもね。

幻夜

幻夜

東野圭吾原作、お話の雰囲気だと白夜行の続編と思われる。
恐らくヒロインは白夜行の悪女・雪穂のその後の姿なのでは?

主人公の雅也(塚本高史)が、父を亡くす所から始まる。
工場を営む父は多額の借金を残したまま死去。
父は叔父にも借金をしており、雅也は父の通夜に叔父から借金返済を迫られる。

そんな中、大地震が発生。
奇跡的に無事だった雅也は、瓦礫の中で助けを求める叔父の姿を発見する。
助けようと思うも父の借金の事が頭を過る雅也・・
近くには誰もおらず、この状況下なら瀕死の叔父を殺害しても他人に分かることはない・・

雅也は叔父を殺害。
そばには誰もいないと思っていたのに、そこには一人の女性が。

それが美冬(深田恭子)

美冬は自分の行いを見ていたのか、見ていなかったのか・・・

どちらにしても、雅也の運命は謎の女・美冬に翻弄されていくことになる。

白夜行の雪穂と言えば、亮司を自分の下僕のように使っていたわよね。
また、雪穂のイリュージョンをいろいろと楽しめるわよ!

ヒトリシズカ

ヒトリシズカ

主人公の少女・伊東静加(夏帆)の周りでは、不可解な事件ばかりが起きる。
静加はなぜに、周りの人間を翻弄していくのか?
その目的は?

出会う人間ごとに、まるで違う人物かのような顔を見せる静加。
彼女の目的とは一体何なのか?

静加を深く知ろうとした人間は不幸に落ちていく。
静加は目的を持って行動しているのだけど、それが何なのかなかなかつかめない。

なんかおどろおどろしいエンディングがなかなかツボだったわ。

私という運命について

私という運命について

一人の女性の激動の運命を、約10年を通して描く。
主人公の亜紀(永作博美)の1993年から2004年までの間を、実際に起きた出来事(バブル崩壊後から米国同時多発テロ、新潟県中越地震など)を絡めながら描いていく。

思わぬ運命に翻弄される亜紀だけど、実際にこんな事ってあるんじゃないかな?って思った。
そんなに浮世離れしたお話ではないと思うので、あたしはけっこう感情移入できたな。

脇を固めている宮本信子さんが、いい味を出していました。

石の繭-殺人分析班-

石の繭

主人公の如月塔子(木村文乃)は、警視庁捜査一課・殺人分班の新米刑事。
名刑事と言われながら志半ばで倒れた父の遺志を継ぎ、刑事になった。

男社会の中で慣れない日々を送る中、新橋でモルタルに固められた男性の死体が発見される事件が起こる。

人の行いとは思えない残酷な状態、警察にはすぐに捜査本部が設けられる。
そして、捜査本部が立ち上がってから程なくして、「トレミー」と名乗る事件の犯人から電話が入る。

捜査本部を翻弄するトレミー。
トレミーが犯人をモルタル漬けにする理由とは何なのか?
そして、トレミーの意外な目的とは・・?

木村文乃ちゃんは恋愛している役よりも、こういうシャキっとした役の方が好きだな。
スピード感があって面白いから、1日で一気に観ちゃうのがおすすめ。

第二弾も制作されたそうなので、チェックするのが楽しみだわ!

翳りゆく夏

翳りゆく夏

主人公は新聞社の窓際部署に務める梶(渡部篤郎)
敏腕記者だったが、数年前に巻き込まれたある事件をきっかけに、左遷されてしまった。

そんな梶に社長から直々に命令が下る。

なんでも、20年前に起きた誘拐事件の犯人の娘が、この春に新聞社に入社するらしい。
その情報は既に週刊誌に漏れており、新聞社としては彼女を受け入れる方針だが、世論がどう反応するのか・・
また、会社の大株主からも釘を刺された社長は、現在は閑職になった梶に「20年前の誘拐事件の再調査」を命令する。

過去の記憶を手繰り寄せ、事件の関係者に取材を続ける梶。
その中で、事件の意外な真実に行き着くことになる。

主人公の梶と犯人の娘(門脇麦)は接触なし。
でも、門脇麦ちゃんってなんとも言えず雰囲気のある女優さんだから、この意味ありげな娘に彼女をキャスティングしたのは正解よね!

渡部篤郎の事はダンディで好きなんだけど、ちょっとセリフを聞き取りにくいのが難点。
大事なシーンではボリュームを大きめにした方がいいと思う。

パンとスープとネコ日和

パンとスープとネコ日和

最後はほのぼの系!
あたしが大好きなスールキートスの映画を思わせるような世界観&キャスティング♪

疲れている人に見てもらいたいドラマだわ!

主人公のアキコ(小林聡美)は母と二人暮らし。
ある日、食堂を営む母が突然他界し、自らの仕事も上手くいっていなかったアキコは、母の食堂を改装して「パンとスープだけのお店」を営む事を決意。

新しいお店を通して、お客さんや商店街の人々と様々なほっこりエピソードが展開されていく。
ちなみに、小林聡美さんがパンを調理していると、パスコのCMみたいで美味しそうよね♪

飲食店のお話なので、ネコちゃんはそんなに出て来なかった気がするけど、のんびりほのぼのするなら犬よりもネコな気がする。

気になるドラマは見つかったかしら?

というわけでWOWOWのドラマの中で、あたしのおすすめ作品をまとめてみたよ!

あたしも余分なお金があったらWOWOWに加入したいなぁ。
とりあえず、仕事頑張ろう・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

もしや・・シェアしてくれたり?

フォローする