やっぱりババアが熱い夏2017!騒音トラブルにMyLittleLoverの名曲使うなよ。

komposita / Pixabay

我らが松居一代先生が、船越さんサイドに法的措置を取られてからと言うもの、すっかり大人しくなってしまい・・
その後は斉藤由貴がちょっとしたスキャンダルを起こしたけど、美人で色気もあるからなんとなく「ババアが熱い夏2017」の仲間には入れてはいけない気がして、もう2017年夏のババアフィーバーは終わったかなって思っていたのだけど・・

新たな激アツババアが現れたわね!

そう、小松徳子おばば。

小松徳子

この写真、どういうシチュエーションなんだろう?

騒音トラブルを起こすババアって、今までもなかなかパンチが効いていたけど、この小松徳子おばばもなかなかよね!

あたし、思わず朝のワイドショーに見入ちゃったもん。

知らない人もいるかも知れないから、小松徳子おばばがご近所の皆さんに何をしたのか、ちょぴっつまとめてみるわね。

小松徳子おばばがキレた理由

小松徳子おばばは去年の秋頃、30代の娘と事件現場になった住宅街に引っ越してきた模様。
意外な事に、今年の4月ぐらいまでは普通に暮らしていたらしい。

さて、4月辺りに一体何があったのか?

それは小松徳子おばばがある日突然、自宅の2階のベランダに風鈴を複数取り付けた事が発端。
風鈴の音色って、1つだけなら風情があっていいもんだけど、小松徳子おばばは何個も取り付けていたみたい。

そして、近隣住民から「風鈴の音がうるさいから外して欲しい」と苦情を言われたらしい。

たまに、風鈴祭りみたいな風鈴がいっぱいあるイベントに行ってみると、音がすごくてそれ以外に何にも聞こえないわよね?
何個もあったらそりゃうるさいわよね。

近隣住民の言い分はごもっともなのに、小松徳子おばばはまさかの逆ギレ!
なんと風鈴を外すどころか増やしたんだってよ!

そして、それから近隣住民に嫌がらせや迷惑行為をするようになったみたい。

小松徳子おばばの悪行

自分は風鈴を何個も付けていたくせに、小松徳子おばばはちょっとした物音にも敏感だったらしく、近所の人が外で立ち話をしていたり、車を停めて家から出てくる人を待っているだけでも、

「声がうるさい」
「気配が嫌だ」

だの、一回一回文句をつけていたらしい。

そして、人気のない時間を狙っては、夜な夜な30代の自分の娘と近所家に嫌がらせ。

小松徳子おばばとその娘は、主に食品を無駄にするという罰当たりな嫌がらせを行っており、

・近所の家の壁に生卵をぶつける
・玄関にサバの味噌煮を投げ入れる
・食べかけのたこ焼きを投げ入れる
・調理に使用した後の茶色くなった油を、家の前にある物(スケボーとか)にかける

これの他にも、

・油性ペンで窓に落書き
・大音量で音楽を流す

などの迷惑行為もあったらしい。

近隣住民たちが警察に相談したけど、警察が言うには証拠がないと立件できないとの事。
被害が深刻なお家の人は防犯カメラを設置。
その防犯カメラには、小松徳子おばばと娘らしき二人が映っていて、小松徳子おばばが「周りに誰かいないかの見張り役」「生卵を投げたりする実行犯は30代の娘だった」という事実が発覚。

しかし、どの嫌がらせも掃除しちゃえば済んじゃうぐらいの被害だから、小松徳子おばばとその娘を懲らしめるには、ちょっと足りていなかったそう。

一回、小松徳子おばばがまさに生卵をぶつける瞬間を抑えた近隣住民もいたけど、警察に注意されたぐらいで逮捕はできなかったみたいね。

でも、ここ2ヶ月は小松徳子おばばのせいで、警察が来ない日はなかったみたいよ。

小松徳子おばばの終焉

そんな小松徳子おばばと娘、警察が自分たちをなかなか捕まえられない事に調子に乗ったのか、嫌がらせをエスカレート。
すく近くの家の男性とトラブルになっていたらしい。

8月17日の深夜、度重なる騒音について注意をしに行った、近所の男性。
小松徳子おばばと娘は自宅近くの駐車場にて車に乗っていたみたい。
そこを抑えた男性は騒音について苦情。
小松徳子おばばが聞く耳を持たないため、車の前に立ちはだかった所、なんと小松徳子おばばは車を発進!

男性は後ろに転んでしまったら轢き殺されてしまうと判断し、咄嗟に車のボンネットに飛び付いたらしい。
そんな男性を小松徳子おばばは、車を前進させたりバックさせたりして振り落とそうとしたんだって!
男性はボンネットから落ちなかったので、幸いにも軽傷で済んだのだけど、小松徳子おばばの行為は立派な

殺人未遂。

これがきっかけで、小松徳子おばばはお縄に。

被害にあった男性がインタビューに答えていたけど、鍛えている雰囲気のがっちりした体格の男性だったので、ボンネットから落ちなかったのかも・・
力の弱い人なら危なかったかもね。

ちなみに、小松徳子おばばの娘がどうなるかが気になるんだけど、一緒になって行っていた迷惑行為については立件が難しいらしく、家にいるみたい。

母親が起こした事件についてインタビューされて、

「弁護士さんに相談中だから何も言えないんです」だの、嫌がらせについては
「とにかく意見が食い違っていて・・」だの、何かやらかした時の政治家か芸能人みたいな事を言っていたわ。

もっと危ない感じの人かと思ったけど、意外と普通そうだったわね。

大音量で流れていたのはMyLittleLoverの「Free」

ところで、あたしがすっごい気になっていたのが、騒音トラブルに使われていた音楽。
それが、MyLittleLoverのファーストアルバムに収録されている名曲「Free」だったのよ!

あの知る人ぞ知る名曲を騒音トラブルのネタに使うんじゃないわよっっ

ていうか、世代で考えると30代娘が持っていたCDか・・?

でも、なんだか久しぶりにMyLittleLoverが聴きたくなって、ウォークマンに入れてたベストアルバムをプレイしたわ。
もちろん「Free」もちゃんとダウンロードしてあるわよ?

小松徳子おばばと娘は前の住居ではどうしていたのだろう?

相当いっちゃってる小松徳子おばばだけど、引っ越す前はトラブルがなかったのかしら?
事件的に、この後もずっと引っ張るかどうかは分からないけど、ヤバイ人ってずっとヤバいからね。
今回は殺人未遂で捕まったし、懲役刑は免れないだろうけれど、こういうヤバイ人ってちゃんと更生するのかしら・・?
刑務所でもクレーマー受刑者になるのだろうか・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

もしや・・シェアしてくれたり?

フォローする

コメント

  1. マッツーともとも より:

    このババアは激アツですね~殺人未遂ま・で・は、、、完璧すぎる嫌がらせ。娘はこのババアを助け出せるのか?この勢いだと、刑務所へのサバ味噌煮込み連射や生卵パックごとの攻撃がみられるかも?目を離せない状況ですねぇ

    • 艶子 艶子 より:

      コメントありがとうございます。
      なんでも、娘はまだ迷惑行為を止めていないそうな・・(汗)
      なんにせよ、食べ物を粗末にするのは許せないです(# ゚Д゚)