電気工事ってネットよりも、街の電気屋さんの方が安い場合も・・

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

うちってさ、築30年経ってる古い家なのね。
ちょくちょくリフォームはしているんだけど、いろんな所が劣化して壊れて行くんだよね。

それでさ、前に玄関の天井にある電球が切れてしまったんだけど、それがまあ昔ながらのガラスでできたシャンデリアみたいな照明でさ、中の電球の取り替え方が分からねえの。

ガチャガチャやっているうちに照明が丸ごと外れちゃってさ、なんかその電源からバチバチ電流がスパークしてる!!

wpaczocha / Pixabay

とても自分では接続できなさそう・・

ネットで調べてみたらこの電源は「直付型」といって、電気工事士の資格がないと取り付けできないらしい・・

今の照明って「引っ掛けシーリング」っていう、一般の人でもワンタッチで付けられる簡単な電源が主流なんだけど、うちの家は古いから引っ掛けシーリングじゃなかったのね・・・

直付型の電源は電気屋さんに頼めば引っ掛けシーリングに取り替えてもらえるので、早速リサーチ開始。
早く照明を取り替えないと、玄関が暗いままになっちゃうし。

それで「電気工事」で検索して、上位に出てくる会社をいくつか調べたんだけど、どれもとりあえず「無料で電話見積もりします」って感じだったのよね。

それで、厳選した一社に電話見積もりしてもらったんだけど、

出張費+工事費+材料費で1万5千円ぐらい掛かるって言うのよ!

なんか高いし、思わず「どこでも相場ってこんなもんなんですか?」って聞いたら、オペレーターさんが「はい、そうです」って自信満々に。
男の人だったんだけど、あんまり感じも良くなかったし、その会社はボツに。
他にもネット経由で来てもらえる所を調べてみたけど、どこも似たり寄ったり。

母に相談したら「駅前にある個人経営の電気屋さんに相談してみたら?」って提案が・・

街の電気屋さんなんて行った事がないから、ちょっと二の足を踏んじゃったけど、早速相談に行ってみたら、

出張費+工事費+材料費で5千円ちょっとできるって・・

ええええっ
ネットの会社の三分の一じゃんっっ

家の近所だから翌日には来てもらえたし、ネットで調べてた時間が無駄に(涙)

しかも直付型から引っ掛けシーリングへの交換は、20分ぐらいで終わっちゃった。

何でもネットで調べるのが早いと思っていたけど、灯台下暗しでベストな答えが近くになる事もあるのね。

普段から街の電気屋さんと懇意にしていたら、すぐに相談できただろうし、煩わしく感じる昔ながらのご近所付き合いも、やっぱ大事なのかも。
人脈って大切ね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

もしや・・シェアしてくれたり?

フォローする

コメント

  1. 冴木隆 より:

    へ~~~~
    なるほどねぇ。
    便利だからって、
    ネットばかり見ててもダメなんだぁ。
    結構使えるものってあるもんなんだねぇ。

    • 艶子 艶子 より:

      コメントありがとうございます♪
      ネットで調べれば何でも分かると思っていたけど、自分の足で調べてみることも大事と実感する出来事でした