【元・肥満児】あたしのダイエット成功体験

mojzagrebinfo / Pixabay

みんな、ダイエットはしている?
あたしは太りやすい体質だから、ダイエットは人生のテーマになっているわよ(笑)
実はあたし、子供の頃のほとんどを「肥満児」として過ごしたの。

学校では太っていることで、よくからかわれたものよ・・・
そんなあたしだけど、高校1年の時に一念発起して、一番太っていた頃から最高で24kg、ダイエットすることに成功したの!

今回は、その時の記憶を手繰り寄せてみようと思うわ。

まずは、太ったきっかけ

小学校1年生の時に「自室・エアコン・テレビゲーム」を与えられてから、快適な環境で動かずに遊ぶことを覚えたあたし。

夏は冷房の効いた涼しい部屋で、冬は暖房の効いた暖かい部屋で、外で遊ぶことをせずに、与えられるだけ食べていたら、みるみる太っていったわ!!

子供時代は偏食が酷くて、魚と野菜を一切食べなかったの。
そうすると、米や肉ばっかり食べるようになって、動かない体には明らかにエネルギー過多。

そんな生活じゃ、太って当然よね。

肥満児時代の思い出

というわけで、小学校~高校まであたしは肥満児で過ごしたのだけど、一番よく憶えているのが、夏休み前の「肥満児教室」

終業式の日に、肥満児だけ保健室に集められて、生活指導をされるの。
今でもあるのかな?

ダイエットを始めたきっかけ

ピークで太っていた時以前にも、ダイエットには挑戦していたのよ。
でも、成長期に食事制限するのって、辛いのよね。

運動にも挑戦したけど、運動神経がかなり悪くて、すぐ怪我しちゃうのよ。
しょっちゅう、足を捻挫していたわ。

そんなわけで、どんどん脂肪を蓄えていったのよ。

それでさ、高校1年生の夏休みになったのね。
夜中にポテトを食べていてさ、ふと「今って、体重どれくらいなんだろう・・」って、思ったの。
そして体重計に乗ってみたのよ。

そしたら体重は・・・

76kg!!

あたしって、身長は163cmしかないの。
76kgはどう考えても多すぎよね?

太り続けながらも、

「80kgに突入したらヤバイな・・」

なんて思っていたから、80kgがリアルな数字になってパニック!

こんなわけで、あたしは高校1年生の夏、ダイエットを開始したの。

ダイエットメニュー

あたしが実践したダイエットメニューで、「食事」と「運動」に分けて、どんなことをしていたかをまとめるね!
あたしはこれから話すことを地道に続けて、24kg痩せたよ!

ダイエット中の食事

ダイエットの近道は、やっぱり食生活を改善することだよね。
でも、これが一番辛いけど・・

糖質

Humusak / Pixabay

まず、糖質を制限するのは基本中の基本だよね。
でも、全く糖質を摂取しないのは思考能力低下とか、低血糖症の原因になるので、ほどほどには食べていたよ。
具体的には、

お米→お茶碗に半分
食パン→1枚
麺類→半人前

ダイエットする前は、お米だったら大盛り二膳、食パンなら2枚、麺類なら1.5人前ぐらい食べていたから、かなり減らしたよね(笑)

お菓子はダイエットにとって、無駄でしかないので、食べるのを我慢してたよ。
これが一番辛かった。

野菜

後は、母親に協力してもらって、夕食に大量の温野菜を作ってもらいました。
メインのおかずを食べる前に、温野菜でお腹いっぱいにしていたわね。

その当時、あたしは生野菜が苦手だったから、サラダで野菜をたくさん摂取するのは辛かったのよね。
温野菜って生野菜と違って、お米のおかずになるから、割りと満足感が高かったよ。

ちなみにタレはポン酢ね、胡麻ダレはカロリーが高いからNGよ。

お肉を食べたい時はヒレ肉や鳥の胸肉みたいに、脂身の少ないお肉を出してもらっていたわ。
脂があるお肉はフライパンで焼かないで、グリルやオーブンで調理、無駄な油も落として、カロリーダウンを意識していたよ。

しゃぶしゃぶも、無駄な脂を落とせてダイエット向きだよね♪

ダイエットに取り入れた運動

今まで、いろんなダイエットに挑戦しては失敗してきたあたし。
食べるのを我慢するのは、意志でなんとかなるかも知れないけど、問題は運動なのよ。

運動音痴のあたしは、どんなメニューをダイエットに取り入れたのかしら?

その1:ウォーキング

「激しい運動は続かないし、どうしよう・・」って思っていた所に、始まったのが

ウォーキングダイエットブーム

ちょうどその頃から、ダイエットには「有酸素運動」が有効って報道されだしたの。
有酸素運動は、軽度な運動でも一定のリズムで、最低20分以上続ける事で、体の中の糖質や脂肪が消費されるのよね。

それまでのダイエットは「激しい運動をして汗をかけば痩せる」っていう認識だったけど、有酸素運動が世に知れ渡ったおかげで、運動が苦手な人でも続けられるウォーキングダイエットが注目され始めたの。

「ジョギングよりも足への負担が少なく、運動に慣れていない人でも長く続けられる」

って事で、早速ダイエットに取り入れてみたよ。

1日に歩く量と時間だけど、

・犬の散歩もかねて、夕方に1時間
・夕食後に1時間

合計二時間は歩くようにしていました。

今でも歩くことは習慣にしているけど、ウォーキングを続けていると、下半身に筋肉が付くから、足やお尻の形が崩れなくなるよ!

細身のボトムを履きこなせるのは、テンション上がるよね♪

その2:細くなりたい部位の筋トレ

有酸素運動だけじゃなく、もちろん筋トレも重要。
上半身も下半身も、バランス良く鍛えるように言われているけど、あたしはお腹とかお尻とか、気になる所は特に多めにやっていたわ。

例えば、

ダンベル運動(重さは3kg)
腕立て伏せ
腹筋
ヒップアップ体操

こんなメニューをこなしていたけど、腕や肩にあんまり筋肉を付けたくなかったので、ダンベル運動と腕立て伏せは30回程度に押さえていたわ。

でも、お腹周りの肉は落としたかったので、腹筋は100回やっていたわ!
ヒップアップ体操は、脚を後ろに上げて、お尻の筋肉を鍛える体操だけど、これも左右30回はやった。

始めた頃は筋力がなくて、回数をこなせなかったけど、少ない回数でも毎日続けていけば、ちゃんとできるようになったよ。

筋トレする時は、呼吸をゆっくりとしながら、締めたい所を意識して運動するといいよ!

体重の推移

さて、今話したメニューを続けて、トータルで24kgの減量に成功したんだけど、どれくらいの期間で痩せたと思う?
実は、3年半も続けたの!

高校1年の夏(スタート)~高校2年の秋まで→76kgから65kgへ。11kg減量
高校2年の冬~高校卒業→65kgから60kgへ。5kg減量
高校卒業後~翌年の春→60kg→52kgへ。8kg減量。

高校2年から高校卒業まで、ちょっと痩せにくかったんだけど、停滞期ってやつね。
あと、停滞期でモチベーションが下がって、リバウンドもしてた気がする。

高校卒業後はアルバイトを始めたんだけど、薬局とか100円ショップとか、品出しにレジにけっこう動き回っていたから、自然と痩せたんだよね。
もちろん、ダイエットメニューも続けていたから、相乗効果って所ね。

ダイエットに成功して良かった事

パチンパチンの肥満体型から、すっかりスリムになったあたし。
「減量に成功して良かったなぁ」って思った事をまとめてみました。

かわいい服が着られる

痩せて一番変わったことが、オシャレになった!
太っていた時は、何を着ても垢抜けなかったけど、細いといろんな服が似合うようになるよね。

太っていた時はLとかLLサイズを着ていたけど、痩せたらSサイズの服が当たり前に着られる!

ブランドによってはXSサイズの時もあるし、小さいサイズの服が着られるって、なんか優越感。

社交的になった

減量に成功する前は、自分に自信がなくて消極的だったあたし。
でも、ダイエットを成し遂げた事で、自然と自信が付いたみたい。

24kgも痩せると、スタイルだけじゃなく顔の雰囲気もだいぶ変わるし、容姿のコンプレックスはだいぶ小さくなったね。
コンプレックスが小さくなったことで、前よりも社交的な性格になり、友達が増えました。

ダイエットに成功すれば、世界が変わる

というわけで、あたしのダイエット成功体験をまとめてみました。
楽しんでもらえたかしら?

今は、一番痩せていた時よりも、少し体重が戻っちゃったけど、Sサイズが入る体はキープしています。

時間をかけたダイエットは、リバウンドする可能性も少ないと思います。
地道なダイエットは気が遠くなるかも知れないけど、毎日の習慣になっちゃえば苦じゃないよ。

ダイエットに失敗しがちな人も、一緒に頑張ろう♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

もしや・・シェアしてくれたり?

フォローする