悪運を先払いしているつもりの女

annca / Pixabay

それは少し前のお話。

アウトレットで可愛い七分袖のTシャツを見つけたの。
白が基調で、それにいろんな色のボーダーが入っていて、これからの季節にヘビロテできそうなデザイン。
サイズもちょうどいいし、値段も安いし、購入決定!

早速、翌日に着てみたのだけど・・・

あたしったら、その日は庭で断捨離する椅子を、粗大ごみで出したくないから、ノコギリを使って解体する予定だったの。

けっこう大きい椅子だったから、バラバラにするのはけっこう時間が掛かったのだけれど、なんとか作業終了。

一服しようとお茶を入れていると、ふと目に入った自分の肩に泥汚れが!!

土になんて全然触れた覚えがないのに、庭で作業をしていたから何かの拍子に泥が付いてしまったみたい。

買ったばかりの白い服に、泥汚れが・・
しかも、肩の一か所だけかと思ったら、背中にも二か所付いていたの。

気に入っていたのに、すごいショック!

軽く水洗いして、濃縮洗剤に浸けて洗濯したけど、見事に泥染みが残ってしまいました。

最初に水洗いするのが意外と良くないらしく、かえって繊維に汚れが染み込んでしまうんだとか・・

ううっ
買ったばかりなのに、もう外出着にはできない。

可愛いアイテムが家着専用に・・

Contents

悪魔の導きは続く・・・

そして昨日の話。

夜から友達と飲みに行く約束があったので、いつもよりおしゃれな服を着ていたのだけど、それも白が基調の服だったのね。
やっぱ、春って明るい色の服を着たくなるのよ。

それなのに、あたしったら昼食にカレーをチョイスしてしまって・・

はねないように気を付けようと思っていたのに、カレーが右腕にはねたの。

レトルトのカレーを電子レンジで温めようと思って、レトルトパウチからスプーンで出していたのだけど、その時にカレーが腕にはねたみたい。

白い服にカレー=死亡確定

せっかく可愛いシャツを着ていたのに、なんでカレーを昼食に選んだの?あたし。
リスキーなのが分かっていたはずなのに。

なんかさ、悪い予感はしているのに、その方向に進んでしまうことってない?

あれは・・悪魔が導いているの?

まあさ、小さな不運を繰り返して、大きな不幸を回避できるって聞くじゃない?
だから、こういう時は前向きに捉えるようにしているのね。

最近なら、明後日から始まる新生活が不安だから「小さな不運を積み重ねたおかげで、その分、新生活は順調に進むわよ」って。
悪運を先払いしているつもりなの。

「魔が差した」とはよく言ったもので、この程度の悪運で良かったわよ・・と、飲み会には着替えて行きました。
今度は、何か食べこぼしても染みにならない服を選んでね。

飲み会でも、悪魔のいたずらがっ

さて、飲み会のお店は予約していたので、予約席に通されたのですが・・
隣の席には既に中年の男性グループがいたのだけど、その人たちがかなり声が大きめ!
あまりにも声がうるさくて、こちらの会話が聞き取れないぐらいなのよぅ。

余談だけど、男の人の話ってなんかつまらないわよね。
仕事とか家庭の愚痴とかさ。

カレー染みの件といい、昨日は冴えない日だったので、これも悪運払いかもね(汗)

その後、友達みんなで知り合いのラーメン店に行くことにしたのね。
ラーメンが食べたいわけじゃなくて、その知り合いは以前に彼氏候補として紹介してもらう予定の人で、でもタイミングが悪くて機会を逃しちゃったの。

なので、「お酒の勢いであえて会いに行って、連絡先の交換でもしようかしら?」ってアグレッシブに挑んだのだけど・・

まあ、お店が混んでいるのよ!

知り合いは店長だから、お店の奥でラーメンを作っていて、一瞬だけ挨拶する余裕があったぐらい。
後はアルバイトの子がせかせか働いていてさ、連絡先交換のチャンスなんてまるでない。

だから、メモ帳に連絡先を書いて、バイトを通して知り合いに渡してもらおうと思ったのね。

それで、お会計の時にバイトに、

『店長さんにこのメモを渡してもらっていいですか?』

って、バイトくんに頼んでメモを渡したら、その子・・・

折ってあるメモ用紙を開いて、中を確認しようとしたの!

おい、お前に渡した手紙じぇねえよ(笑)

しかも、バイトがメモを開くのと同じタイミングで、一緒にいた友達の1人が、

『ダメよ、自分で直接渡します!』
って、なぜか酔っぱらった勢いでメモを取り返したのw

バイトくんと友達に二重にブロックされて、連絡先を書いたメモを渡すタイミングを逃しちゃったわ(苦笑)

もう、帰り道もその話題で持ち切り。

実はさ、知り合いとバイトくんができていて、メモを開いて確認しようとしたのは嫉妬だったとかねw

前向きに考えれば、ね。

出会いのチャンスをまた逃した。
あの人とは縁がなさそうね。

それにしても、これも悪運払いの一つかしら?

そうそう、きっとそう。
悪運払い、悪運払い。

これから先は、良い事がたくさん待っていることとしよう。

ちなみに、服に付いた染みは、漂白剤でも落ちなかったよ(涙)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

もしや・・シェアしてくれたり?

フォローする