「ケセラセラ」も「その時に考える」も、能力のない人間が言えばただの屁理屈

ふきげんよう。

付き合いが長いあなたなら分かると思うけど、あたしってうじうじ考えるタイプでしょ?

物事を深く重く考える癖が付いているのよね。
子供時代はいじめに遭うことが多かったから、楽しさが長続きしないことを体が覚えているのよ。

取り越し苦労が多い性格だから、悩みを周りの人に相談すると

「ケセラセラだよ?」
「なんくるないさ」
「明日は明日の風が吹くよ」
「その時、何ができるか考えればいいじゃない」

とか、根拠のない気休めを言ってくれる人がいるんだけど

これって、思考停止しているだけで、なにも解決してないわよね?

現にさ、職場にこんな事ばっかり言っている同僚がいて、すっげぇ仕事できないの。

来るべき「その時」が訪れたらさ、無計画になんの準備もしていないから、もはや丸腰状態。

根拠のない楽観主義と怠慢のせいで、周りの人い迷惑を掛けまくり。
あたしみたいに「何かに脅えていろいろと備えてしまうタイプ」は、この手のケセラセラバカの尻ぬぐいをさせられることが多くて、ほんと理不尽。

貧乏とかバカが楽観主義じゃ破滅するだけよ・・

元から能力があるから、普段はのんびりしていても、いざという時に対応できるの。

バカがとりあえず出たとこ勝負してるのとは違うのよ。

能力のない人間の楽観主義はただの屁理屈よ。

もし、そんなバカが身近にいたら、距離を置くことをおすすめするわ。
マイナスになることはあっても、プラスになることは絶対にないから。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

もしや・・シェアしてくれたり?

フォローする