まんしゅうきつこさんの『アル中ワンダーランド』にて、意外な気づき

アル中ワンダーランド

みんなは、ブロガーから有名になった漫画家の「まんしゅうきつこ」さんはご存知?
あたしは、ブログで活躍されている時は知らなかったのだけど、二年ぐらい前にたまたま本屋さんで、その衝撃的な名前を目にして、それからすっかり虜に。
ちなみに、まんしゅうきつこさんのTwitter。

あたしも『透明なゆりかご』は楽しみ♪

まんしゅうきつこさんが運営していたブログのタイトルが

オリモノワンダーランド

だったと知った時には、もっと好きになったわ!

そんなまんしゅうきつこさん、メディアに顔を出していて、とてもお綺麗なのよね。
こんなえげつないハンドルネームを思い付く雰囲気には、とても見えないところが、また素敵。

まんしゅうきつこさんの素顔が気になる人は、自分でネットで調べてみてね。

まんしゅうきつこさんは『アルコール依存症』だった

ところで、まんしゅうきつこさんは昔、『アルコール依存症』だったらしいの。
その体験を漫画にしたのが『アル中ワンダーランド』なのね。


アル中ワンダーランド (SPA!BOOKS)

当時、専業主婦だったまんしゅうきつこさんは、たまたま始めたブログをきっかけに、漫画の仕事が入るようになり、家事と漫画の仕事でキャパオーバーを起こしてしまったらしい。

漫画のネタが思い付かなくて、ついお酒を飲んでしまったところ、気が付いたら朝に・・・
しかし、記憶を飛ばしている間に、家事は全部こなしているし、漫画のネタもできていた!

この出来事がきっかけで、何かプレッシャーを感じるイベントがある時には、アルコールに頼るようになっちゃうのね。

あたしも、一時期は酒を手放せない時期があって、毎日飲みたくて飲みたくてしょうがなかったのよ。
ちょうど、去年の今頃だね。
多い時は週6ぐらいで酒を飲んでて、それがきっかけですっごい太ったの。
そのせいで、このブログでダイエット日記を始めることになったんだった・・

アルコール依存症との闘い・・というより実情

ブログがきっかけで有名になり、イベントに出演したり、出版社のセレモニーに出席する機会ができたりするんだけど、緊張を緩和するために、アルコールを煽ってしまう、まんしゅうきつこさん。
アルコールのせいで、記憶を飛ばしている間に、とんでもないことをやらかしてしまい、その度に酒を止めようと思うも、また飲んでしまう。

ギャグタッチで描いてあるので、作品に悲壮感は漂わず、ずっと笑っていられるんだけど、状況はかなり深刻。
どんどん追い詰められて精神状態は最悪だし、廃人のようになってしまった時期も。

アルコールが手放せない気持ち、あたしも理解できるから、他人事じゃなくてさ。
酔っている時の万能感って、なんなんだろうね?
頭のてっぺんが麻痺している感じで、難しいことも面倒くさいことも、お酒に酔っている間は考えなくていいような。

正直、バレないんなら、酒を一杯飲んでから仕事行きたいもん。

それで少しでも憂鬱な気持ちが落ち着くんなら、依存したくもなるよね。

ただ、残念なことに、あたしはあんまり内臓が丈夫じゃないらしく、あんま酒ばっかり飲むと、すぐに体調を崩しちゃう。
だから、依存する前に体を壊しちゃいそう。

『アル中ワンダーランド』を読んで、気づいたこと。

ダメだと分かっていても、お酒を飲むことを止められない、まんしゅうきつこさん。
自分も周囲の人も追い詰められていくんだけど、物語も終盤に近付いてきた時に、とても印象的なセリフが・・・

『私は、お酒を飲まないと人と明るくしゃべれないの!!』

これってさ、『なんか面白い事を言わないといけない』『みんなを楽しませないといけない』っていう、サービス精神から来ると思うのよね。
実は、あたしも同じ感じなの。

あんまり慣れてない相手だと、お酒がなくちゃ楽しいおしゃべりができないのよ。

なんかね、「酒の席が盛り上がらないのは罪」みたいな、変な強迫観念を持っていて、つまらない飲み会にしちゃいけない気がしてさ・・

でも、酒の力を借りて、脳を麻痺させてからじゃないと、弾けられないのよ。
だから、飲んじゃうのよ。

本当は、必要以上におどけるのはやめたいのに、勝手に「自分が頑張らないといけない」って思ってるの。

きっと、この考え方の癖が危険なのよね。
盛り上がりが足りないと思うと、もっともっとバカにならなきゃって、さらに酒に頼っちゃう・・
そんな姿を見せると、周りの人からも期待されちゃうし、それに応えるために余分にお酒を飲んじゃう・・

『アル中ワンダーランド』を読んで、自分が悪循環にはまっていることに気づいたのよね。

お酒との付き合い方

これは、他の漫画で読んだんだけど、「喜怒哀楽をお酒と語る人」って、アルコール依存症になりやすいんだって。

良いことがあったから、一人で飲みに行こう。
今日は仕事で嫌な事があったから、気晴らしに一人で飲みに行こう

こんな風に、誰かに話を聞いてもらおうと思わず、酒に自分の感情を語る生活、まさにあたしだわ。

特に、嫌な事があった時なんか、飲みに行かずにはいられないわよ。

一人で飲むお酒ってさ、自分のためだけに時間をゆっくり使えて、すごく癒されるの。
でも、加減を間違えると、思わぬ落とし穴にはまるのかも・・

とにかく、お酒を飲まなくても、人と楽しくコミュニケーションを取れるようにならなくちゃね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

もしや・・シェアしてくれたり?

フォローする